スタイ(よだれかけ)を作る 〜ハンドメイドクラフト〜

a0168277_1221326.jpg
知人にお孫さんが誕生しました。
日頃お世話になっているので何か贈りたい・・・しかし何がよいかっていうのは子育て経験が無いとわかりずらい。手作りできて、利用しやすいもので考えたところ、スタイ(よだれかけ)はどうだろうかと。名称がスタイって言うのは初めて知ったのですが、一般常識なんでしょうか。子育てグッズは知らないことだらけです。うっかりステイって言いそうです。
a0168277_12262716.jpg
材料は、きっとダラダラ垂れるよだれをそのまま拭くこともあると考えると、ニット、ガーゼ、タオル地あたりがよさそうです。
表布、裏布の二重で作ります。
型紙は、実際のスタイ(リサイクルショップで105円で購入)を型取りました。

出来上がりサイズに裁断した、表布と裏布を重ね、バイアステープで縫い合わせます。
a0168277_12264774.jpg
小さいカーブがミシンをかけにくく、これはヨレて失敗するだろうと予想出来たので、途中から手縫いに変更。
バイアステープは、便利か不便かというより、手間がかかるものです。
a0168277_12271184.jpg
既製品は、はさんで直接ミシンをかけています。それを見ると、縫製のプロはすごいと感じます。調子に乗ってマネしたら、裏面のミシン目がバイアステープからはみ出たなんてのはよくある失敗です。

作り方はバイアステープを使わなくても、縫い代をつけた表布と裏布を中表に合わせ、まわりを縫ってひっくり返して仕上げると、簡単。
a0168277_12282059.jpg
しかし販売されているスタイは、バイアステープで縁取りされているものが多い。なにか理由でもあるのでしょうか。
疑問に思いながらバイアステープを使ったのですが、「見栄え」以外に理由が思いつきません。
・・・洗濯に耐える強度の問題などか?
a0168277_12273489.jpg
最初に入れたワンポイントの刺繍。どう見てものり巻きに見えますが、ロールケーキのはずなんです。もう一枚、ショートケーキの刺繍でスタイを作ってセットにしたら、ロールケーキと分かってもらえるかも・・・


参考までに型紙。
a0168277_12574636.jpg
どうしても便座カバーに思えます。
[PR]
by sakuramasu_yamame | 2010-10-17 14:08 | 手芸 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yamamecho.exblog.jp/tb/11436339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。